スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2014年03月19日

S&T/MG42メカ検証②

元々ウチにはプロクロノが有って初速は測れていたのですが、サイクルは測れなかったのでヤフオクで↓の弾速計を買い求めました。

この数値はMG42では無いですが初速が正しく出力されるかハンドガンで実験した時のものです。
我が家のプロクロノと近い数値の出力を確認出来ました。

で、初速計も届いたので早速サイクル計測…

11.1vリポで秒19…
耳で聞くともっとサイクル早い気がしたけど意外と遅い(笑)
とりあえず色々考えた結果、モーターだけ変えてみる事にしました。

早速御開帳

この銃のメカボは、流石にA&Kと同等とは言いませんが慣れるとアクセスは簡単です。
まず気になったのはスイッチ。

噂の通り、トリガーと連動してマガジンの巻き上げスイッチを押すようで…

この状態から…

全押ししても少ししかスイッチが動きません。
マガジンのスイッチを別な法式にする事も視野に入れつつ、とりあえずスイッチ保護の為にFETだけ入れる事にします。
ギヤは18:1の予備が無いのでノーマルを使用。
ベアリング軸受けもノーマルを使用。
ですが軸受けが悪いのかギヤの軸が悪いのか、結構ガタが有ります。
この辺も交換かなぁ…^^;
そんでコレも散々既出ですがこのMG42、モーターに位置調整機能が有りません。
そこでシムによる調整かピニオンの調整で対応するしか無いのですが、何やらシムには余裕が無さそうなのでモーターの軸を削ってピニオンの位置を調整します。

ピニオンから軸が飛び出てるのが分かると思いますが、これで面倒でも調整可能になります。
で、いきなり完成。

FET化によって配線もスムーズになり、グリップ下側のスリング用の穴も使えるようになりました。
しかし、ふと部品入れを見ると…

トリガーガード付近のピンを入れ忘れました(笑)
このメカボ、分解は楽なんですが逆転防止ラッチの座りが悪くて組むのは面倒なんですよね^^;
でも、やり直し\(^o^)/
組み上げてサイクルを測ってみました。
7.4v→秒20
11.1v→秒27
腰上は組み直ししただけなのでピスクラが怖い数値…なのかな?
一応マガジンは追従してきてるみたいです。

が…

やけにギヤノイズが大きい…
ピニオン調整してギヤだけでドライブした時は静かだったのに…

ハイサイは作った事が無いし、ウチ一番の弄り屋に送りますかね(笑)

他に気になった事↓

バレル先端のパーツですが、センターが出てない?
と言うかアウターバレルとズレてます(笑)
何とかしなくては^^;

今日はこの辺にしときますかね^_^  
タグ :MG42


Posted by 傭兵隊長 at 22:06Comments(0)機関銃