スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2015年08月13日

F2000 不安定弾道


皆さんこんにちは
最近はMG42弄りばかりしてましたが、少し箸休めにF2000を弄っています。
ウチのチューナーから戻ってきたメカボが完璧なので完成させようかと(^^
で、GL1グレネードランチャーを仕上げようとパテ盛り開始!
余りにも下手なので作業途中は省きますが、その合間に実射性能を完成させようとノーマルハンドガードを組んで試射してみました。

がっ!!

今まで見た事の無い散り具合!
どうやらVANARASのカスタムバレルが悪さをしてるらしい。
銃口側のテーパー加工でバリが出てるにも関わらず、その上からメッキをかけたようです。

とりあえずバリ取りして再利用してみます。
あとインナーバレルをアウターバレルに入れる際に抵抗感があるので調べてみると…

このバレル基部に偏心が見られました。
アウターバレルに被せて芋ネジ一本で固定する仕組みなんですがアウターバレルと基部の結合部にガタがある為芋ネジで締めると偏ります。
それでインナーバレルを歪めてるようでした。
なのでアルミテープを巻いて結合ガタを排除。

これで基部とアウターバレルの芯が出せました。
また試射しに行こうと思います。

では、また!  


Posted by 傭兵隊長 at 14:41Comments(4)アサルトライフル工作