スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2015年08月17日

M60リコイルカスタム


先週後半から始めたMk.43のリコイルカスタムですが、現状でウエイト950g超となりました。
先程まで元気に動いていたんですが、試作故の予想外な負荷でノーマルギヤがお逝きになられました(^^;;
もう少し完成が遅れそうなので経過報告いたします。

ウエイトの搭載状況。
二段にしてみました。
二段にすると上下のウエイトを連結する梁部がフレームに収まらないのでフレームを削ります。

こういった作業の時はプロクソンのフライス盤が役に立ちます。

ダミーカートプルプルシステムを取り付けるのに邪魔なフィードトレーの一部をカットします。

カートストッパーも排除。

このストッパーを放置したままプルプルさせてヒューズが飛んだので、機能してるのかもしれません(^^;;

ノーマルギヤが逝く直前、素晴らしいリコイルとダミカプルプルを見せてくれたので早々に部品を買ってきたいと思います。

では、また!

追記

フィードトレーの外し方が分かりません(^^;;
外れないので本体に付いたままカットしたら本体が鉄粉まみれになってしまいました(^^;;
  
タグ :M60Mk43


Posted by 傭兵隊長 at 23:10Comments(2)機関銃工作

2015年08月17日

M60リコイルカスタム

皆さんおはようございます。
お盆休みが終わってしまいましたね(^^;;
キャンプとか楽しかったけど、いつになくトイガンカスタム熱が強いので後半はカスタムしたトイガンの調整などをしていました。
そして一昨日からは新たにMk.43のリコイルカスタムに着手。

このMk.43と言うLMGは本当に軽量で肩付けでの射撃もしやすくA&KのLMGシリーズの中でも群を抜いて使い易いと思います。
でも本当はフルサイズの所謂M60VNの方が好きなんですよね…

この姿に惚れてMk.43をポチりましたが失敗した…
で、モチベーションが上がらず今まで手を付けてなかったのですが、良く考えたら内部機構やレシーバーはM60と同じなんですよね。
刻印は違うけど。
そのうちM60VNを入手したら即加工出来るようにMk.43でシステム設計だけやっておこうと着手しました。

とりあえずメカボの加工は必要なのでバラしてみましたが、中古なのでモーターなどが変更されていました。

お馴染みの動力取り出し口を開けます。
この加工も初代プルプルシステムの頃はヤスリでゴリゴリやってたのにフライスだと数分です(^^;;

ウエイトはここに入りそう。
単純に体積から重量を算出すると900g前後になりそうです。
現状は上の段のウエイト(400g)のみ搭載完了し、ストローク40mmでリコイルを発生させています。
7.4vリポで実銃とほぼ同じサイクルになりますが、ゆっくりサイクルだとウエイトの慣性を最大限感じるので良い感じ!
今は下の段のウエイトも切削を終え、上の段のウエイトとどうやって結合しようか考えています。
MG42の経験で1kg級のウエイトをドライブするとピストンが保たないのでストロークを最小にしなければならない(と思い込んでる)んですが、毎秒25発以上を目指したMG42と違ってM60は毎秒15発程度なので重量級ウエイトをロングストロークで運用する実験台になって貰おうと思います。
写真は無いですが後方のウエイトをキチキチに作りすぎて作動抵抗が激増し、スイッチを焼いてしまったので動画も無いです(^^;;
一人で撮影できなかった(^^;;
近いうちに完成報告が出来ると思います。

では、また!

追記
先日塗ったレイルです。
塗ると粗が消えて良い感じ(^^


追記2

このF2000のバレルに付いてるシルバーのパーツは何なんでしょう…
着剣ラグ?
ネットで調べてるとトイガンのF2000にこのパーツを取り付けてる日本の方がいるんですが自作したのかなぁ…

追記3
追記2のパーツは着剣ラグだと判明しました。
調べてくれたヒカルさん、ありがとうございます!(^^  
タグ :M60Mk43


Posted by 傭兵隊長 at 06:30Comments(0)機関銃工作