2014年01月25日

治具作り

今晩は夜勤休みなので工作室に行ってみた。
製作するのは電動ガンのインナーバレル端材再利用用の治具。
電動ガンのカスタムではインナーバレルをカットして初速調整するのだが、その際に結構な長さの余りが出る。
そのバレルを再利用出来れば良いなと思い立って作る事にした…んだけど良く考えたら再利用しても利用先が無いんじゃないかコレ(笑)
まぁ、作り始めたから作るけど。
写真は色々忘れて少なめよ。

先ずは材料になる真鍮六角棒の端面切削と穴空け。

写真は撮り忘れの再現だから既に側面の切削してあるけど見なかった事にして下さい。
端面切削してセンタードリルと8.5mmのドリルで穴開け。

側面をフライス盤で切削

軽く切削して面を綺麗にしただけだから、この後精度考えて削りなおす事になる。
センターに差し込んだインナーバレルから治具側面迄の幅が一定じゃないとインナーバレルをチャンバーに固定する際のロックキー穴の精度が出ないからね。

で、ここまで削って今日は飽きた(笑)

というのは嘘で、工具が足りなくて出来ない加工が有ったから中断。

ついでに100均の釘抜きを削ってキャンプ用のペグ抜き作ったけど完成写真載せるまでも無いので割愛。







同じカテゴリー(工作)の記事画像
最近の出来事
最近の報告〜(^ ^)
オーダー進捗状況
64式小銃用薄型握把計画③
64式小銃用薄型握把開発計画
64式小銃フル刻印サービス
同じカテゴリー(工作)の記事
 最近の出来事 (2018-04-21 07:00)
 最近の報告〜(^ ^) (2018-04-20 07:00)
 オーダー進捗状況 (2018-04-06 12:12)
 64式小銃用薄型握把計画③ (2018-03-27 07:00)
 64式小銃用薄型握把開発計画 (2018-01-30 10:03)
 64式小銃フル刻印サービス (2017-12-13 16:01)

Posted by 傭兵隊長 at 21:00│Comments(0)工作
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。