2015年10月17日

M79真打完成




皆さん、おはようございます(^^
これらの写真を見て思い立ったM79導入計画が一年越しで完了しました。
我が家の本気仕様グレネードは全てインナーバレルが入ってるのですが、M79には長めのインナーバレルを入れてやります。

モスカートと呼ばれるグレネード弾を使うとショットガンの様な使い方が出来るんですが、ほぼ加速区間無しの弾頭のみだと至近距離専用になるんです。
それにバレルを組み合わせて遠くまで飛ばせる様にすると曲射が楽しくなります。

え?
そんなヒョロヒョロ弾だと当たっても気付かない?

ロマン武器だから良いんですw

その代わり、BB弾の1発あたりのエネルギーが最高でマルイのオーソドックスなガスブロハンドガン並みになりますので至近距離は使いにくいですが…
とは言っても北海道だと夏場の一時期しか暑くないので春や秋は温めなきゃダメなんですがね(^^;;

で、組み込むのはこの前落札したM79

やっと手に入ったフルメタル木ストのコイツにバレルを組みます。

早速分解しますよ!
ストックやトリガーグループとアウターバレルは太いピン一本で繋がってるので、抜いて分離。
次にアウターバレルにくっついてるヒンジやフォアグリップを外します。
まず、ここのピンを抜いて…

バレルをロックするパーツを外します。

するとバレル上側に穴が現れるので、そこからドライバーを入れて固定ネジを外します。


バレルだけになったらグレネード弾とインナーバレルを組み合わせて位置決め。

位置が決まったらバレルに固定ネジ穴を開けます。

位置が間違えて無いのを確認したらガタ取りにアルミテープを巻いて…

組み込んで完成です。

早く野戦で使いたいな〜
でも投入は来年の春以降になりそうです(^^;;

あと二週間我慢すれば89式やれるかな〜

では、また!





タグ :M79

同じカテゴリー(工作)の記事画像
最近の出来事
最近の報告〜(^ ^)
オーダー進捗状況
64式小銃用薄型握把計画③
64式小銃用薄型握把開発計画
64式小銃フル刻印サービス
同じカテゴリー(工作)の記事
 最近の出来事 (2018-04-21 07:00)
 最近の報告〜(^ ^) (2018-04-20 07:00)
 オーダー進捗状況 (2018-04-06 12:12)
 64式小銃用薄型握把計画③ (2018-03-27 07:00)
 64式小銃用薄型握把開発計画 (2018-01-30 10:03)
 64式小銃フル刻印サービス (2017-12-13 16:01)

この記事へのコメント
すんげ~
なっげぇ~
って見た瞬間の感想。
アングスバレルの2倍強あるなぁ・・・

そうそう、こないだアングスバレルもう一セット見つけました。
Hopパッキン直せば使えそうです。
Posted by gsxgsx at 2015年10月17日 08:53
gsxさん、おはようございます
にゃん蔵の事、心中お察しします( ; ; )
自分もペットロスがガツンと来るタチなので写真見てて悲しくなりました。

インナーバレルですが、これだけ長いとインナーバレルの保持に不安がでるので実戦投入前にテストを繰り返したいと思います。
アングスのバレルですが、自分もスプリングテンションでバレルをカートに接合し易くしたいなぁと考えて居るんですが、アイデアは有れど技術と工具が足りません(^^;;
Posted by 傭兵隊長傭兵隊長 at 2015年10月17日 11:18
あ、読んで下さったんですね。
嬉しいです。
今までこんな事無かったんですが、
助けた時期が自分が弱ってたせいもあってか
もう引きずりまくりです。
50にもなってボロボロ泣けました。

バレルは「シンプルかつ密着」がトラブル回避ですからねぇ
でも複雑化は避けたい所ですね。(汗
Posted by gsxgsx at 2015年10月17日 16:28
にゃん蔵の事は時が癒してくれると思います。
時間は必要だけど。

ウチのバレルinバレル、装填時に少し手間取るんですよね(^^;;
後端ツライチでバレルとカートの噛み合いがぴったりなので。
スプリングを使えたら装填楽かな…と。
Posted by 傭兵隊長傭兵隊長 at 2015年10月18日 02:55
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。