2016年01月23日

G&G SIG SG550⑤


皆さんおはようございます。
昨日はリコイルエンジンの製作を行ってました。
ノーマルのSG550はガスチューブに相当する場所がバッテリースペースなんですが、リコイルカスタムを施す為にウエイトスペースにしています。

元々はぶっといチューブがあった場所に内径14mmのウエイトカバーを付ける為にスペーサーを作ります。
そしてカバーを圧入!


レシーバー側は、敢えて1ミリ程飛び出させてレシーバーブロックに直接ボルトが当たらないようにしてます。


ウエイト重量は500g超です。


ボルトを搭載しない状態でテストして…

http://youtu.be/uNcjTjUquok

ボルトを付けてテスト…

http://youtu.be/m_OyHvhU3ug
うーん…ボルトの動きが良くないな…

あと施工しなきゃならないのはバッテリースペースですが、とりあえずストックインで考えてます。
ボルト連動も当初考えていたFNC方式ではなく、89式タイプにして可動量を増やしたいと思います。

では、また!






同じカテゴリー(アサルトライフル)の記事画像
最近の報告〜(^ ^)
オーダー進捗状況
64式小銃用薄型握把計画③
64式小銃用薄型握把開発計画
64式小銃フル刻印サービス
64式の照門関係
同じカテゴリー(アサルトライフル)の記事
 最近の報告〜(^ ^) (2018-04-20 07:00)
 オーダー進捗状況 (2018-04-06 12:12)
 64式小銃用薄型握把計画③ (2018-03-27 07:00)
 64式小銃用薄型握把開発計画 (2018-01-30 10:03)
 64式小銃フル刻印サービス (2017-12-13 16:01)
 64式の照門関係 (2017-12-10 18:04)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。